マイナポータルの概要

マイナポータルの概要

マイナポータルとは、マイナンバーの運用が平成28年1月に開始された事に伴い、国で検討が進められ、運用開始から1年後の平成29年1月にを開設される予定の個人が自宅のパソコンなどからアクセスできる行政が管理するポータルウェブサイトです。

 

マイナポータルは、自身で支払った税金や社会保険料などの個人番号(マイナンバー)が紐付いた情報のアクセス情報を閲覧ができる仕組みになっています。具体的にいうと、例えば行政機関などが、いつ、どこで、何の目的で、誰と自分の個人情報をやりとりをしたのか等の情報提供記録を確認することが出来るサイトとなっています。

 

さらに自身でも行政機関が保有している自分の個人情報を閲覧できるだけでなく、サイト上で、制度改正の情報を取得したり、自分に合った様々な給付金の案内などを受けることも可能。マイナポータルは個人ごとにマイページがあり、ログインする際は、マイナンバーを悪用した成りすましや個人情報の流出を防ぐために、個人情報カードに搭載されたICチップに記録された電子証明情報とパスワードの組み合わせで確認する公的な個人認証の仕組みを採用する予定となっています。

 

国では、いずれ確定申告や納税などの行政手続に関わる電子申請をオンライン上で出来る仕組みや予防接種などの自分の情報の履歴などについてもマイナポータルで利活用できるようになる見通しを示しています。

 

民間利用においても、金融機関などのオンライン取引等をマイナポータル上で行える仕組みも検討されています。現在は民間利用については限定的な範囲での利用想定に過ぎませんが、いずれは商取引での電子決済や小さな個人商店での取引履歴などあらゆる取引がマイナポータルで閲覧、利用出来る日も近いかもしれません。