マイナンバー 賛成意見

マイナンバー制度への賛成意見をまとめています。

マイナンバー制度への賛成意見をまとめています。

 

 

 

行政への手続きが簡略化されるのがマイナンバー制度の最大のメリットです。

 

マイナンバー導入以前にも、私たちには住民登録番号・基礎年金番号・保険者番号などの番号が割り振られていましたが、全ての番号が別々の役所で管理されていました。そのため、年金関係の書類を出したいのにも関わらず、本人確認のために住民登録の書類をわざわざ取得して添付しなければならないなどの不便な状況が生まれていました。

 

しかし、マイナンバー制度の導入でこれらの番号が全てマイナンバーに一元化されるため、申請したい書類と別の書類を取得する必要はなくなり、また全ての手続きが1回で終了することになります。したがって、1日がかりで役所を回らなければいけないということはなくなりますし、役所の部署をたらい回しにされることもなくなるのです。

 

これは今までにない画期的なことです。行政手続きの簡略化の面でマイナンバーは大賛成です。


 

 

マイナンバー制度については、必要性を感じており、賛成派です。何かを管理する場合、番号を振って管理するということは当たり前のことだと思います。車の運転免許証、キャッシュカードなど様々な登録番号があり、インターネットサイトでも登録するとIDが振られます。

 

確かにマイナンバーは自分の意思で登録するものでは無いと言うりくつも理解出来ない訳では無いですが、国や地方自治体が各個人や団体と税や福祉を結びつける時には何かの番号で一元管理されているほうが圧倒的に管理しやすく、課税ミスなどの防止にも期待できます。

 

以前、小淵総理大臣の時に地域振興券がありました。当時子供でしたが、私の家には重複して届き、役所に確認すると使って下さいとの事。

 

今考えると管理体制が甘かったのかなと思います。セキュリティ対策は絶対に必要ですが、マイナンバーを利用して、積極的な一元管理を行ない、役所の経費削減につながることを期待します。